野球バットを選ぶコツ

野球バットおまとめコンテンツ

ミズノ 一般硬式ラミバット ビクトリーステージ

投稿日 2013年3月26日 4:55 PM | 投稿者 バットマン

まず始めに、ラミバットの「ラミ」とはなんなのか
木製のバットにはいろいろな種類があります。

 

例えば、アオダモ、ヤチダモ、ホワイトアッシュ、ハードメイプル、ヒッコリー、檜+メイプルなどがあります。

 

その中に「竹+メイプル」というのがあります。
これがラミバットの「ラミ」の部分、一般的に「ラミー」と言われる素材です。

 

ラミバットはバットの打面にメイプル、バットの芯に竹を使っています。
竹を使っているので他の木製のバットより折れにくく、竹だけを使ったバットよりも打った感じは木製に近いものになります。

 

また、お値段も比較的リーズナブルになります。

 

ミズノの一般硬式用ラミバット ビクトリーステージには色々な選手と同型の物があります。

 

イチロー選手 長さ:84cm 直径:平均φ64mm 重さ:平均900g
小久保選手 長さ:85cm 直径:平均φ63mm 重さ:平均900g
二岡選手 長さ:83cm 直径:平均φ63mm 重さ:平均900g
小笠原選手 長さ:84cm 直径:平均φ64mm 重さ:平均900g

 

こうして見るとイチロー選手と小笠原選手のバットは同じに見えますが写真で見てみると微妙な形の違いがあります。

 

 

コメントを受け付けておりません。