野球バットを選ぶコツ

野球バットおまとめコンテンツ

2013年3月 のエントリー


ミズノ ビューーリーグスカイウォーリア

2013年3月26日 - 17:00 | 投稿者 バットマン

dougu300ミズノ ビューリーグ スカイウォーリアは軟式野球用の金属バットで、色々なグレードが存在します。

 

主なものを紹介しますと
ミズノプロ→プロ向け
ビューリーグ→アマチュア向け(高級品)
ワールドウィン→アマチュア向け(廉価品)
などがあります。

 

厳密に言うとビューリーグの上のグレードとしてビクトリーステージなどがあります。

 

そんな、アマチュア向けの高級品のグレード「ビューリーグ」の中の軟式野球用の金属バットの1つがスカイウォーリアです。

 

スカイウォーリアは同じビューリーグのスカイシャインと言うバットがさらに軽量化、進化したモデルです。

 

スカイウォーリアは丈夫さや強度などを高めるために、微妙な温度条件やミクロ組織にまでこだわった素材を使っています。

 

スカイウォーリアの特徴は非常に軽くて、長さ83cm、重さ570g、トップバランスなどの非常に軽量のモデルもあります。

 

普通の軟式野球用の金属バットは700g前後ぐらいですから非常に軽いのが分かると思います。

 

 

カテゴリー 未分類 | ミズノ ビューーリーグスカイウォーリア はコメントを受け付けていません。

久保田スラッガー 硬式木製バットBAT-46

2013年3月26日 - 16:57 | 投稿者 バットマン

久保田スラッガー 硬式木製バットBAT46は福岡ソフトバンクホークスの本多雄一選手モデルのバットで数量限定モデルです。

 

久保田スラッガーはKubota Slluger、クボタスラッガーとも表記されることもあります。

 

久保田スラッガー 硬式木製バットBAT46はモデルは2種類ありBAT-46AとBAT-46Bがあります。

 

BAT-46Aは長さが84cm、重さが900gの平均です。
BAT-46Bは長さが85cm、重さが900gの平均です。
カラーはどちらも、ダーク×ブラック材質はハードメイプルです。

 

他に、久保田スラッガーを愛用しているプロ野球選手は
埼玉西武ライオンズの中島 裕之選手、東京ヤクルトスワローズの青木 宣親選手、
同じく東京ヤクルトスワローズの藤本 敦士選手、読売ジャイアンツの坂本 勇人選手、福岡ソフトバンクホークスの本多 雄一選手、阪神タイガースの鳥谷 敬選手などがいます。

 

久保田スラッガーはグラブに力をいれているメーカーで、全てが手作業で作られていてそのクオリティの高さなどから「グラブだけは久保田スラッガー」と言うプロ野球選手も多くいるそうです。

 

 

カテゴリー 未分類 | 久保田スラッガー 硬式木製バットBAT-46 はコメントを受け付けていません。

USAミズノ メイプル硬式木製バット イチローモデル

2013年3月26日 - 16:56 | 投稿者 バットマン

このバットはUSAミズノの中でも最上級のグレードのミズノプロシリーズです。

 

最高級のメイプルを使用して日本の職人が作った逸品でシアトルマリナーズのイチロー選手モデルの硬式野球用の木製バットです。

 

グリップの底部にイチロー選手の背番号である51が刻印されています。
打球部には「MADE.IN.JAPAN」の刻印も入ってます。

 

イチロー選手のバットは昔から「久保田五十一」さんという方が作っています。
松井秀喜選手のバットも「久保田五十一」さんが作っているそうです。

 

イチロー選手のバットはマリナーズのチームメイトが「我々ではとても実戦では使いこなせない。
イチローにしかあのバットは使いこなせないだろう」と言われるぐらい扱いが難しいそうです。

 

イチロー選手のバットはグリップ部分が細く、芯の部分も小さいそうです。

 

1992年のオフにイチロー選手が初めて「久保田五十一」さんにバットを作ってもらった時イチロー選手は篠塚選手のバットを持って「これと同じバットを削ってください」と言ってきたそうです。

 

篠塚選手のモデルはバットコントロールがうまくないと扱いにくい形状だったそうで「久保田五十一」さんはその時のことを今でも忘れられないそうです。

 

また、あるテレビ番組でイチロー選手が「バットとの出会いが衝撃的だった。このバットなら沢山のヒットを打てると思った」と言っていたそうです。

 

 

カテゴリー 未分類 | USAミズノ メイプル硬式木製バット イチローモデル はコメントを受け付けていません。

ミズノ ヴヨンドマックスキング

2013年3月26日 - 16:55 | 投稿者 バットマン

ミズノ ビヨンドマックスキングは、2008年に発売された軟式用野球用バットです。

 

ボールがバットに当たった時の反発係数というのを従来品より6%も向上させた商品です。

 

反発係数とは、はねかえり係数とも言い、2つの物がぶつかった際ぶつかる前の互いの近づく速さに対する、ぶつかった後の互いに遠ざかる速さの比のことです。

 

ぶつかる時に何らかの運動エネルギーが供給されない限り、反発係数は1より大きくならない。

 

普通はぶつかった際に運動エネルギーの一部が熱や音に変換され、反発係数は1未満になります。

 

ぶつかった二つの物体が硬いほど反発係数は1に近くなります。
ビリヤードの球が硬く出来ているのは、反発位数を1に近づけるためです。

 

ビヨンドマックスキングは、飛距離をさらに伸ばすために進化させたモデルで打球部の素材に車のサスペンションに使われている「微細セルエラストマー」が使われています。

 

軟式野球のボールは、中空構造で尚且つ材質がゴムなので柔らかく、バットに当たった衝撃で変形してしまいます。
それが、エネルギーの損失させて、飛びにくくなるのですが、ビヨンドマックスキングは柔らかい素材で出来ているのでボールの変形を抑えて飛距離を伸ばしてくれるのです。

 

 

カテゴリー 未分類 | ミズノ ヴヨンドマックスキング はコメントを受け付けていません。

ミズノ 一般硬式ラミバット ビクトリーステージ

2013年3月26日 - 16:55 | 投稿者 バットマン

まず始めに、ラミバットの「ラミ」とはなんなのか
木製のバットにはいろいろな種類があります。

 

例えば、アオダモ、ヤチダモ、ホワイトアッシュ、ハードメイプル、ヒッコリー、檜+メイプルなどがあります。

 

その中に「竹+メイプル」というのがあります。
これがラミバットの「ラミ」の部分、一般的に「ラミー」と言われる素材です。

 

ラミバットはバットの打面にメイプル、バットの芯に竹を使っています。
竹を使っているので他の木製のバットより折れにくく、竹だけを使ったバットよりも打った感じは木製に近いものになります。

 

また、お値段も比較的リーズナブルになります。

 

ミズノの一般硬式用ラミバット ビクトリーステージには色々な選手と同型の物があります。

 

イチロー選手 長さ:84cm 直径:平均φ64mm 重さ:平均900g
小久保選手 長さ:85cm 直径:平均φ63mm 重さ:平均900g
二岡選手 長さ:83cm 直径:平均φ63mm 重さ:平均900g
小笠原選手 長さ:84cm 直径:平均φ64mm 重さ:平均900g

 

こうして見るとイチロー選手と小笠原選手のバットは同じに見えますが写真で見てみると微妙な形の違いがあります。

 

 

カテゴリー 未分類 | ミズノ 一般硬式ラミバット ビクトリーステージ はコメントを受け付けていません。

ウイルソンディマリニ少年硬式金属バット

2013年3月26日 - 16:54 | 投稿者 バットマン

まず始めにウィルソンディマリニについて少し説明したいと思います。

1989年 アメリカに小さな金属バット製造会社が誕生しました。
それが、自分自身もソフトボールプレイヤーだった「レイ・ディマリニ」が作った会社ディマリニ社です。

ディマリニ社は2重管をはじめとする画期的なテクノロジーを開発しました。

 

そのディマリニ社をウィルソン社が買収しました。
それが、2001年 1月です。

 

それからは、ウィルソン社よりディマリニと言う名前で数々のバットが発売されています。

 

また、メジャーリーガーの3人に1人はウィルソン社のグローブを愛用してると言われています。

 

そのウィルソンが発売するディマリニシリーズのリトルリーグ用のバットがウィルソンディマリニ少年硬式用金属バットです。

 

他にも少年硬式ボーイズ用、中学硬式用金属バットなどもあります。

 

リトルリーグ用のバットも種類が豊富で6種類あり、先ほど紹介した二重管の物もあります。

 
どのバットも機能性に優れ見た目も個性的で非常にお勧めです。

 

 

カテゴリー 未分類 | ウイルソンディマリニ少年硬式金属バット はコメントを受け付けていません。

ルイスビルスラッガー少年軟式カタリストBT

2013年3月26日 - 16:53 | 投稿者 バットマン

少年軟式カタリストBTとは、ルイスビルスラッガーの高反発バットで少年軟式野球用のバットです。

 

BTとは(バブルトランジション=たくましさ)という意味です。
このバットは中央部分のBTを強くしてあります。

 

サイズは
長さ76cm、重さ540g平均、長さ78cm、重さ580g平均
長さ80cm、重さ600g平均、長さ82cm、重さ620g平均の四種類あります。

 

2011年モデルは、長さ76cm、重さ540g平均が新しく増えました。

 

カラーはバットの半分が赤色で、もう半分が黒色のツートンカラーです。
素材はカタリストBT Extra+になります。
バランスはミドルバランスになります。
グリップ部分は21.3mm
打球部は66.7mm

 

グリップ部にカーボンシートを装着する事によりしなりを抑え、打球部でボールの反発が最大になるように設計されています。

 

他にも、ソフトボール用スタンダード、ソフトボール用ボトルタイプ、ソフトボール用2号軟式野球用、リトルリーグ用などがあります。

 

 

カテゴリー 未分類 | ルイスビルスラッガー少年軟式カタリストBT はコメントを受け付けていません。

アディダス 一般軟式金属 中島モデル

2013年3月26日 - 16:52 | 投稿者 バットマン

アディダス・一般軟式金属バット 中島モデルは埼玉西武ライオンズの中島裕之選手と同型のプロモデルのバットです。

 

サイズは 85cm
重さは 720g平均
ヘッドの直径は 68mm
素材は 超々ジュラルミン
カラーは ユニバーシティレッド×メタリックシルバー

 

これだけではわからない方もいると思いますので同じアディダスから発売している一般軟式金属バットの東京ヤクルトスワローズの青木宣親選手のプロモデルと比較してみます。

 

青木宣親選手のバットは
サイズは 84cm
重さは 700g平均
ヘッドの直径は 68mm
素材は 超々ジュラルミン
カラーは ブラック×メタリックシルバー

 

比較してみると二人ともほぼ一緒なのがわかります。
サイズは中島裕之選手のほうが1cm長くて重さも中島裕之選手のほうが20g重いのがわかります。

 

青木宣親選手はアベレージヒッターというイメージがあり中島裕之選手は長距離バッターというイメージがありますがこのバットの少しの差がプロの選手からすると大きな差なのかもしれません。

 

 

カテゴリー 未分類 | アディダス 一般軟式金属 中島モデル はコメントを受け付けていません。

売れてるバット

2013年3月26日 - 16:51 | 投稿者 バットマン

今、売れてる野球バットはミズノのビヨンドマックスです。

 

ミズノのビヨンドマックスは軟式野球用の野球バットです。
どういうバットかというと、打球部が柔らかいのです。

 

なぜ打球部を柔らかくしたバットが売れているのかというと打球部を柔らかくしたことによりボールが飛びやすくなるそうです。

 

では、なぜ打球部を柔らかくするとボールが飛ぶようになるのか。

 

軟式野球のボールは材質がゴムで出来ていて、さらに中空構造です。
なので、ボールがバットに当たった衝撃でボールが潰れてエネルギーのロスが生じるのです。

 

ビヨンドマックスは打球部を手で押さえるだけでも変形するほど柔らかく
尚且つ高反発な素材(エーテル系発泡ポリウレタン)を打球部に使ってます。

 

ビヨンドマックスは4種類あります。
1つ目はスタンダードモデル
2つ目は硬質ウレタン内蔵モデル
3つ目はラバーコア内蔵モデル
4つ目は楕円芯構造モデル

 

さらに、スタンダードモデルの中でも軟式用カーボン、ソフトボール3号用、ソフトボール2号用、少年軟式用などがあります。

 

 

カテゴリー 未分類 | 売れてるバット はコメントを受け付けていません。